ごあいさつ

このたびは縄屋ウェブサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。
捕縄術をより安全に進化させた「緊縛」はアブノーマルなSEXにも用いられるようになり、近年では自分で自分を縛る「自縄自縛」をする女子も多く見られるようになりました。、ブログなどではより美しい縛り方が競われる様になり、緊縛ファンは年々増え続けています。個人のサークル活動も多様化し、諸外国にも影響を与えるまで発展してきました。
これは、インターネットの普及により日常生活と隔したアンダーグランドの世界を垣間見、誰もが理性により隠していた自分と素直に向き合い、同じ嗜好を持つ人々とソーシャルネットワークでつながることができるようになったことが大きな理由として考えられ、徐々にではありますが若い世代にも普及してきています。

では何故、縛りの愛好者が増えているのでしょうか?
それは縛りの愛好者それぞれの理由が存在しており、一概に説明がつくものではありません。

たとえば・・・
あなたの心の中に好意を寄せる異性がいたとしましょう。

あなたはその人を縛ってみたいですか?
では、縛ってみたいのはなぜでしょうか?

何かを奪うためですか?
何かを与えるためですか?

相手を縛って動けなくしたいからですか?
相手が縛られるのを望むからですか?

あなたが拘束することで彼女の表情はどう変化しますか?
あなたが拘束することであなた自身の心はどう変化しましたか?

百人いれば百通りの思いがあります。

緊縛美を追求するもの・・・
快楽を追求するもの・・・
支配を追求するもの・・・

何が良くて何が正しくないということはありません。
ただ、心は通っていますか?ということに尽きると思います。

1999年夏に縄屋を創業してから今まで皆様の「思い」を受け緊縛専門の縄を開発して参りました。
2011年冬には世界最大の縛りの祭典「縄屋冬縛」を東京渋谷で開催するに至り、メインスポンサーも引き受けることができましたのは皆様のお陰によるものであると考えております。
そして2011年中には海外に向け本格的に縄屋製品を販売して行きます。

縄屋は皆様の思いに応え続けることを念頭におき商品開発を行い、日本緊縛の美しさや繊細さ、製品のすばらしさを世界に伝えて参りたいと思っております。
今後とも縄屋ウェブサイトと縄屋製品をよろしくお願いいたします。

沿革

1999年08月 縄屋WEBSITE nawaya.com 開設
1999年08月 緊縛麻縄(天然色)販売開始
2000年03月 縄屋WEBSITE nawaya.com 新コンテンツ「マスターズバンク」開始
2000年03月 緊縛麻縄の店頭販売開始
2001年03月 縄屋 緊縛講習会協賛開始(サークルM’s提携)
2001年05月 縄屋WEBSITE nawaya.com モバイルサイト開始
2002年01月 縄屋 メールマガジン「縄屋SM-Riport」配信開始
2002年05月 縄屋WEBSITE nawaya.com 無店舗型風俗営業届出
2002年08月 縄屋 レディースコミック「微熱」「Labien」広告開始
2003年06月 名古屋CBC放送「ノブナガ」音声出演
2005年04月 縄屋を法人化
2010年05月 縄屋 本社を神戸市中央区から神戸市灘区へ移転
2008年02月 縄屋 本社を神戸から東京へ移転
2008年03月 緊縛麻縄(つつじ色)販売開始
2008年08月 WEBスナイパー広告掲載開始
2011年03月 オリジナル蜜蝋メンテナンスクリーム 販売開始
2011年03月 緊縛もと縄ロール 販売開始
2010年05月 縄屋 本社を板橋区成増から板橋区赤塚新町へ移転
2011年01月 世界最大縛りの祭典「縄屋冬縛」スポンサー協力
2011年03月 縄屋WEBSITE nawaya.com 日本国内向けにリニューアル
2011年03月 緊縛麻縄(ワインレッド)販売開始
2011年03月 緊縛麻縄(藤色)販売開始
2011年03月 緊縛麻縄(ピンク色)再販売開始
2011年03月 名古屋CBC放送「ノブナガ」音声出演