緊縛縄のお手入れ法

緊縛をされる環境は人それぞれ違います。きれいな床、蝋燭の不使用、着衣での緊縛などであればさほど緊縛縄が汚れることはないと思いますが、多くの場合は全裸での緊縛、蝋燭の使用があるのではないでしょうか?また、緊縛パフォーマーやSM嬢などはさらに過酷な状況で緊縛縄を使用することになります。
そういったひどい環境で使用した緊縛縄には少しずつさまざまな汚れが付着してきます。緊縛縄は場合により、肛門に触れたり、精液が付着したり、猿ぐつわのように口の中に入ることがあります。できるだけきれいに使いたいけれど、そうも行かない。これは悩ましい問題であると思います。

ここでご質問です。
皆様はどのように緊縛縄の手入れをしていますか?

洗濯機でジャブジャブ洗っている方や、少し丁寧に漬け洗いでしょうか?押し洗い???これらの洗い方は大変一般的で多くの方がそうされているのかもしれません。アクリルの紐であったり、綿ロープであればそれでもいいのかもしれませんが、麻縄となると少々問題がありそうです。麻縄は使い込むことによって使用感が増してきます。もともと原料の麻縄のは大変固く毛羽立っています。これを鍋で煮てアクを抜き、繊維を柔軟にします。干したうえで毛羽を取り、パサパサの乾いた縄に油等を浸透させようやく「使うことができる」緊縛縄が完成します。この緊縛縄は単に「使うことができる」というだけで、「使える」とはほど遠い状態であるわけです。その「使うことができる」緊縛縄を使い始めることにより、手ににじむ汗が付着し、受け手の汗が付着してきます。また、毛羽も細かく落ち緊縛縄の表面が滑らかになります。緊縛縄はその過程の中で育ち、使用感は格段に増し、受け手もその完成度を肌で感じ始めるわけです。その縄を無造作に洗濯機で洗ったり、漬け洗い、押し洗いをしてしまうと、緊縛縄はふやけ、また一から育てなおすことになりそうです。では、どのような手入れをすればいいのでしょうか?ここで記すことがすべてではありませんが、一つの方法を記載させていただきます。もし、さらに良い方法があれば教えていただければご紹介させていただきます。緊縛縄のお手入れ方法ですが、全体的な汚れに関しては、蒸しタオルでふき取ること。部分的な強い汚れに関しては歯ブラシなどでブラッシングすることです。繊維の奥までしみ込んだ汚れに関しては落とし切れない部分もあるかと思います。ですが、表面の汚れに関してはブラッシングで幾分落とすことができるかと思います。さらに具体的には、歯ブラシに中性洗剤(除菌ができるタイプ)をつけその部分のみ緊縛縄の繊維に沿ってブラッシングします。その後蒸しタオルでふき取り、天日干しをします。よく陰干しが良いとも言われるのですが、天日にさらし紫外線で除菌することが効果的と考えられます。その後その部分を中心に蜜蝋クリームを塗りこめば大丈夫です。いままでの使用感を保ちながらさらに緊縛縄を育てることができます。では、蝋燭が付着した場合はどうするということですが、蝋燭は固まるとなかなか落ちにくい厄介な存在です。赤色の蝋がついているとあまり恰好がいいものではありません。あまり広範囲に蝋がついているときはどうしようもありませんが、ろうそくがついてしまった部分のみ熱湯に浸し、ある程度蝋を溶かしだすことです。ろうそくの融点は低いので表面の蝋は比較的早く溶け出ると思います。あまり奥深く浸透したロウソクをきれいにしようとはせず、表面のみ溶け出たところで同じように蒸しタオル、または乾いたタオルなどでふき取ってください。あとは先ほど述べた工程と同じことをしていただければと思いますが、天日干しの後、毛羽が立っているようでしたら、家庭用コンロでさっと炙り毛羽を落してから蜜蝋クリームなどを塗りこむようにしていただければいいと思います。汚れを落とすのは容易ではありませんので、縄を使う場合はできるだけ環境の良いところで使用し汚れが付着しないようにすることが一番です。