縄尻の処理について

麻縄に限らず、縄を新調した際には縄尻の処理が必要です。
縄尻の処理方法にはいくつかありますが、単なるこぶ結びで結構ですので必ず行うようにしてください。

縄尻の処理を行いませんと、縄のよりが甘くなったり解けてしまいます。
また縛りを行う上で縄を足していく場面が出てきます。その際にこぶに巻きつける形が一般的です。